こんにちはイッシーです\(^o^)/。たまにミッチャンて呼ぶ人もいますが、まぁ好きな方で呼んでください♪

普段はスマートフォン事業部でiPhoneやandroidのアプリを開発してるのでクライアントはMacです。今まではWindowsを使用してたので、戸惑うこともチラホラ・・・そこでMacでのWebアプリケーションの開発環境を本日はメモっておきます。

と思ったのですがWindowsユーザにも読んでほしいので、Windows用の設定も書いておくことにします。

  • テキストエディタはwindowsのメモ帳を使用せず、秀丸・サクラエディター・emeditorなどを使用し、Macの場合はターミナルでそのまま編集してください
  • プロジェクト名は「hoge.plusr.biz」とします

【step1】xamppをインストール

Win

http://www.apachefriends.org/jp/xampp-windows.html

Mac

http://www.apachefriends.org/jp/xampp-macosx.html

【step2】apacheの設定 – その一

Win
C:\xampp\apache\conf\httpd.conf
Mac
vi /Applications/XAMPP/xamppfiles/etc/httpd.conf

以下の記述の部分を

[cc lang="c"]
#
# Controls who can get stuff from this server.
#
Order allow,deny
Allow from all
[/cc]

以下のように変更しローカルからのアクセスのみ許可します。

[cc lang="c"]
#
# Controls who can get stuff from this server.
#
Order allow,deny
Allow from 192.168.
Allow from 127.0.0.1
[/cc]

【step3】apacheの設定 – その二

Win
C:\xampp\apache\conf\extras\httpd-vhosts.conf
Mac
vi /Applications/XAMPP/xamppfiles/etc/extra/httpd-vhosts.conf

バーチャルホストの設定

以下の部分の記述を

[cc lang="c"]
#NameVirtualHost*:80
[/cc]

以下のようにしてコメントを外します。

[cc lang="c"]
NameVirtualHost*:80
[/cc]

次に、行末に以下を追記します。

Win

[cc lang="xml"]

ServerName hoge.plusr.biz
DocumentRoot “C:\xampp\htdocs\hoge.plusr.biz\trunk\public_html”

[/cc]

Mac

[cc lang="xml"]

DocumentRoot “/Applications/XAMPP/xamppfiles/htdocs/hoge.plusr.biz/trunk/public_html”
ServerName hoge.plusr.biz

[/cc]

【step4】mysqlの設定

Win
C:\xampp\mysql\bin\my.ini
Mac
vi /Applications/XAMPP/xamppfiles/etc/my.conf

それぞれのセクションに以下を追記します。

[cc lang="c"]
[mysqld]
character_set_server = utf8
[client]
default-character-set=utf8
[/cc]

以下のような記述も見られますがセキュリティの観点から推奨はしません。といっても開発環境なんだけど。。。

[cc lang="c"]
skip-character-set-client-handshake
character-set-server = utf8
collation-server = utf8_general_ci
default-character-set = utf8
init-connect = SET NAMES utf8
[/cc]

【step5】phpの設定

Win
C:\xampp\php\php.ini
Mac
vi /Applications/XAMPP/xamppfiles/etc/php.ini

mbstringのセクションにある以下の項目を変更し、文字コードをUTF-8ベースに変更します。

[cc lang="c"]
mbstring.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = UTF-8
mbstring.http_input = pass
mbstring.http_output = pass
mbstring.encoding_translation = off
[/cc]

但し、開発するシステムの仕様に依存しますので携帯サイトなどはこの限りではありません。

また、開発環境では問題とならないが以下の項目を変更してPHPの情報をレスポンスヘッダから隠します。

[cc lang="c"]
expose_php = Off
[/cc]

【step6】Apatch, MySQLの再起動

XAMPPのコントロールパネルから再起動してください。

【step7】hostsファイルの設定

Win
C:\WINDOWS\system32\drivers\etc\hosts
Mac
http://www.apple.com/jp/downloads/macosx/tools/hoster.html

ちなみにiPhoneのシミュレータはデフォルトでhostsファイルを参照するようなのですが、androidのシミュレータはhostsファイルを参照させるために別途設定が必要なようです。

Win

以下のように記述することで任意のドメインでアクセスしたときにローカルを参照するようになります。

[cc lang="c"]
[自分のIPアドレス] hoge.plusr.biz
[/cc]

Mac

基本的な概念は変わりませんがhosterを起動して設定してください。

基本的な内容ではありましたがいかがでしょうか?基本的にはファイルパスが違うだけで設定項目は変わりません。次回は遊び心あるトピックにしようかと思います。

Post Navigation