今まではBashを使用していましたが、以前から話に聞いていたzshを導入してみました。
zshは初めてだったので、最初から簡単に使えるように設定などをしてくれるoh-my-zshを入れて使用しています。

oh-my-zshのインストールはshスクリプトを実行するだけでできるので導入も手軽です。手動でやる場合は、上記のサイトを見てやるのがいいでしょう (ログインシェルも勝手に変更されるそうなので、そういうのが気持ち悪い方は手動でやるほうがいい)

[cc lang="bash"]wget –no-check-certificate https://github.com/robbyrussell/oh-my-zsh/raw/master/tools/install.sh -O – | sh[/cc]

インストールして、ターミナルを再起動するかsourceで設定ファイルを読み込むことで適応されます。

[cc lang="bash"]~ source .zshrc [/cc]

このままでも結構便利になりますが、oh-my-zsh を使って zsh の便利な設定をまとめて取り入れる – ess supで書かれているように、テーマやプラグインの設定をすることができます。

テーマはデフォルトのままでも使いやすかったのでそのままにして、プラグインを幾つか読み込むようにしました。
プラグインといっても、補完候補が増えたりエイリアスがついたりするぐらいです。
プラグインの設定は.zshrcを開いて、pluginsと書いてある場所にスペース区切りで読み込むものを指定するだけです。

[cc lang="bash"]plugins=(git brew autojump)[/cc]

gitプラグインはgitコマンドの補完で、brewプラグインはHomebrewの設定や補完で、autojumpプラグインはautojumpというコマンドラインユーティリティの設定をするプラグインです。
oh-my-zshで用意されてるプラグインはPlugins – GitHubに書かれています。

他のzshについての設定は~/.oh-my-zsh/customディレクトリにzshファイルを作れば自動的に読み込んでくれるので、エイリアスを書いたファイルとかパス設定をするファイルなどを分けて置けるので便利です。

たったこれだけの設定でも、gitのブランチがプロンプトに表示されたり、gitコマンドのオプション補完もできるので使いやすくなります。

201108132100.jpg

oh-my-zshから入って簡単にzshの良さを知ってから、zshを本格的に触っていくのも良いのではないでしょうか。

Post Navigation