iOSアプリのCoreDataを扱いやすくしてくれるライブラリのMagicalRecord 2.0がリリースされました。
MagicalRecord 2.0はARC向けのものなっていて、ARCを使わないプロジェクト向けは1.8.3が最終バージョンとなるようです

導入方法自体は以前書いた記事とあんまり変わらないですが、少しARC対応等で違う所があるぐらいです。

以前と同じように、CoreDataのモデルクラスをmogeneratorで生成する際に、mogeneratorはデフォルトではARCに対応したモデルクラスを生成しないので、

$ mogenerator -m Sample/Sample.xcdatamodeld/Sample.xcdatamodel/ -O Sample/Models/
# これをARC対応版にするには --template-var arc=true をつける
$ mogenerator -m Sample/Sample.xcdatamodeld/Sample.xcdatamodel/ -O Sample/Models/ --template-var arc=true

というように–template-var arc=trueをつけて、ARC対応版のモデルクラスを生成するようにしてあげます。

MagicalRecordの導入自体はCoreDataをActiveRecord風に扱えるMagicalRecordの使い方と全く同じ方法で大丈夫です。

他にもMagicalRecord作者がいくつか記事を書かれてるので参考に

ref.

追記 : 2.1でメソッドの名前等大きく変わっているので、readme等を読み直しましょう。

MagicalRecordのREADMEを意訳 – Object for cutie

一時的なエンティティ

Post Navigation