iOS/Macのライブラリ管理に利用できるツールのCocoaPodsを使ったプロジェクトをJetBrains製のIDEのAppCodeで扱える様になりました。

利用できるようになったのはAppCode 1.6 EAP (build #120.38)からなので、まだ安定版(現在は1.5)ではworkspaceを開くときにXMLパースエラーとなって利用できません。
これでやっとAppCodeとXcodeどちらも、CocoaPodsを使ったプロジェクトが扱えるようになったので、ライブラリの管理はCocoaPodsを使っていくのがいいかもしれないですね。

Skitch

AppCode 1.6では補完やファイル/クラス/シンボル移動等が賢くなったり、リファクタリング系の機能も強化されています。
また、今日からライオンでも使える!Xcode4.4 Modern Objective-C Syntaxでコードをきれいにする方法 | Zero4Racer PRO Developer’s Blogで紹介されてるような、
Objective-C の追加されたリテラル記法も既にサポートされていたり、他のJetbrains製IDEからは結構遅れてますがやっとGithubプラグインがサポートされました。

OCUnit系のテストもCmd+Alt+RでSchemeを選んで(テストの場合はテストクラス/ケース毎に自動で作れる)実行できるので、
テストの実行も結構手早く出来るようになってます。(1.5からだった気もしますが、Schemeの切り替えは速くなるそうです)

Skitched 20120731 221903

テスト結果の表示はXcodeより見やすいような気がします。

色々とAppCode1.6では便利になってるので、まだ安定版ではありませんが試してみるのもいいかもしれないですね。
(ちなみに日本語等がパスに含まれてるとビルドできないバグが1.6にはあります。 Build: cannot build program with Japanese characters in path : OC-4799)

EAPビルドは下記からダウンロードできます。

Post Navigation