git-flowとgit-issueを使ったTiDD環境について | Technology-Gymにて、
git-flowgit-issueを組み合わせた使い方を紹介しましたが、チケットを切るときに手動でチケット番号を入力するのがとても面倒でした。

今回は、それをpercolというパイプで渡したものをanything的な絞り込み/選択できるCLIツールを使って楽にできるようにしました。
percolについては下記を参照して下さい。

percol は入力の1行を1候補として,部分一致かつ AND 検索で絞り込みし,選択した候補を出力するコマンドです.端的に言えば Emacs の anything.el のコマンド版です.
anything 的な絞りこみコマンド percol の紹介 – 備忘録

書いてみたコマンドは以下のようなものです。
動作確認はzsh 4.3.11とgit-issueはredmineのみしか確認してないです。
(多分Gtihub向けは少しいじる必要があると思います。)

  • git-issue listからチケットを選んでgit flowのfeatureブランチを作る
  • git-issue listからチケットを選んでチケットを終了&100%
  • git-issue listからチケットを選んで詳細情報の表示

上記のような関数をzshの設定に定義して、bindkeyで適当にCtr+B -> Ctrl+F/U/I な感じのショートカットを設定して利用してます。
git-issue v0.8.4からANSI Colorがデフォルトで付くようになったので、percolに渡す部分では–no-colorオプションを適応しています。

言葉だと少し分かりにくいので、codestre.amを使って録画したものを載せておきます。

codestre.amの幅の問題で表示が若干崩れてますが、横幅を十分に持てば崩れないので大抵は大丈夫だと思います。
動画では上記のスクリプトを使ってgit-flowでチケットを切って処理する感じのデモをやってます。

percolを使えば、redmineのチケット番号を手動で入力することなく利用できるようになったのでかなり効率よくなったと思います。

Post Navigation