今回はプログラムに関することではなく、文章の作法を解説する記事となります。

一応、大学は文学部・日本文学科を卒業しているわたくし。文章を書くのは中学からの趣味でして、実は大学生時代は、とあるゲーム会社でシナリオライターの仕事をしていました。

社会人になってからも、前職の会社と現職で、全てではありませんが一部シナリオの執筆・監修の仕事をしています。弊社からリリースされたストーリー性の高いゲーム3作品(『幕末ドクター』『秘密のキスは王室で』『白衣のオレ様』)を開発する際は、プログラムを作る傍らシナリオにも深く関わらせていただきました。その経験を踏まえて、この解説は、「どうすれば良い文章が書けるのか」とか「どういうシナリオを書けば人を感動させられるのか」などではなく、むしろ「こう書いた方が読みやすい」や「やってはいけないこと」など、テクニック的な面をメインに紹介します。

 

シナリオお作法【基本中の基本】

 

・セリフの結びに句点をつけない

例)

× 「認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを。」

○ 「認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを」

文章を結びは「。」(句点)を書くのが決まりです。しかし、セリフの場合は必要ありません。1クリック内に2文以上のセリフがある場合は、1文目のみ句点をつけます。

みなさんは、小学校のときに作文を書いたことをおぼえていますか? そのときに、「原稿用紙の使い方」を教わったと思います。文部科学省の指導要領では、上記の作法とは違い、会話文の場合でも必ず句点を書くよう教えることが定められています。正式な文章の書き方としては句点を入れるべきなのでしょうが、ゲームシナリオの場合は必要ない、というのが主流の考え方のようです。

今現在はほとんどの作品でこのルールが適用されていますが、最近発売されたゲームでも、作品によっては句点が入っている場合があります。ときメモ4とか、珍しく全部入っていましたね。

 

・感嘆符や疑問符などの記号のあとにもセリフを続ける場合は全角スペースを開ける

例)

× 「ええい!連邦軍のモビルスーツはバケモノか!」

○ 「ええい! 連邦軍のモビルスーツはバケモノか!」

これは、1回の中に2文以上セリフがあり、1文目に感嘆符や疑問符が付く場合のルールです。例の通り、2文目を始める前にスペースが空いています。

忘れられがちなルールなのですが、このスペースがあるかないかで可読性にかなりの差がつきます。そして、このルールを知ってしまうと、スペースが空いていない文章を見るとすごくムズムズして気持ち悪くなります。この感覚は、たぶん文章を書けば書くほど実感が強くなると思います。

 

・沈黙の表現には、必ず三点リーダを2つセットで使用すること

例)

× 「こんな嬉しいことはない・・・」

× 「こんな嬉しいことはない…」

× 「こんな嬉しいことはない・・・・・」

× 「こんな嬉しいことはない‥‥」

○ 「こんな嬉しいことはない……」

「てん」とか「さんてん」とキーボードで打って変換してみてください。3つの点がセットになった記号が出てくると思います。それが「三点リーダ」です。シナリオを書く際には、これを2個セットで使用する、というのが決められています。

間を表現したいがために、2個だけじゃ足りないという場合もあると思います。そのときも、原則的には4個、6個、という風に2個の倍数ずつ増やしていくようです。

ちなみに自分は、「て」を変換すれば「……」が出てくるように、単語登録をしています。便利ですよ。

 

以上の3つの決まりが、基本中の基本の作法です。これが守られていないシナリオを見ると、「……フン、このトーシロが」という気分になります。文章作法に自覚的になるだけで、表現能力は飛躍的にアップします。まずはこういったルールに気を付けることから始めていきましょう。

 

シナリオお作法【ちょっと応用】

ここからは応用というかレアケースで、人によって対処の仕方が違うという作法を紹介します。

・セリフ中にさらにカッコを使いたい場合、別の記号で代用する

例)

× 「人間だけが神を持つ。今を超える力、「可能性」という名の内なる神を」

○ 「人間だけが神を持つ。今を超える力、『可能性』という名の内なる神を」

これはセリフ内で、他のセリフの引用や単語の強調をする際に、さらにカッコを入れ込む場合のルールです。例では『』(=二重括弧)を使用していますが、他にも””(=ダブルクォーテーション)、<>(=山括弧)、[](=大括弧)などがよく使用されます。

強く誓ったポリシーなどがない限り、二重括弧を使えば問題ないとは思うのですが、「二重括弧は固有名詞にしか使わない」という主義の方も中にはいます。ただ、やはりこれといった共通見解はないので、自分なりのルールを設定してください。

 

・人称管理を厳密に行う

例)

× 「私がイセリナのために焦っているだと!? 馬鹿な! 俺は冷静だ!」

○ 「私がイセリナのために焦っているだと!? 馬鹿な! 私は冷静だ!」

この例の場合は極端ですが、長編のシナリオを書く場合に破ってしまいがちなのがこのルールです。自分のことを「僕」と呼んでいた人物が、いつの間にか「俺」になっている。もちろん、ストーリー上の演出であったり、納得のいく理由が明示されているのであればなんら問題ありません。しかし、単なるミスはキャラクターのブレを生じさせる原因になるので気をつけましょう。

最初のキャラクター設定を練る段階で、人称一覧を先に決めて表にしておくのがいいかもしれません。

 

 

以上、シナリオを書くときに注意すべき作法でした。

他にも可読性の観点から気を付けるべきテクニックはたくさんあります。が、ここに全てを書いていたらキリがないので、あとは自分が執筆する際に身に付けていってください。

Post Navigation