#define MR_ENABLE_ACTIVE_RECORD_LOGGING 0

のように定義するとMagicalRecordのログを無効化出来るのですが、CocoaPods経由で入れると順番の依存などの問題によりログが無効にできない場合があります。 

そういう場合は、CocoaPodsでインストールする際に以下のような感じでPodfileにhookスクリプトを書くと、 Pods側のheaderに#define出来ます。

元ネタはios – Cocoapods: turning MagicalRecord logging off – Stack Overflowです。

CocoaPodsのHooksについて以下も参考にするといいかもしれません。

Post Navigation